麻布大学附属高等学校
HOME > 学校生活 > クラブ活動 > 自然科学部
クラブ活動
自然科学部

メンバー仲良く和気あいあい♪

チャレンジ精神旺盛な部活です!!

部員数(平成29年5月現時)
男子8名 女子3名
活動曜日・時間
実験によって不定期(木曜定例会・年間平均週4日) 16:00~19:00
土日祝も実験の内容によって不定期で活動
コンテストが近くなると週5~7日の活動をおこないます
目標
高校生バイオコンテスト 及び 神奈川県理科部発表会において受賞すること

お知らせ

2017年3月20日(月祝) かながわ国際サイエンスフォーラムに参加しました。

ポスター発表にて参加し、奨励賞を頂きました。

神奈川県内の高校や、台湾の高校も12校参加し、来場者は500名を超え、とても盛り上がっていました。台湾の方には頑張って英語で説明をし、友達も作りました。

DSC_0009 DSC_0010

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年10月22日(土) 東工大高校生バイオコンテスト2016においては、

残念ながら受賞することはできませんでした。しかし・・・

2016年11月5日(土) 第27回高等学校理科部研究発表大会において、

「高文連会長賞」を受賞いたしました!やったー!!

研究内容は「色素の冒険~色素増感太陽電池~」です。

来年1月15日(日)に表彰式があるので、はりきって出席してきます!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年7月26日~27日 夏合宿@箱根・小田原

箱根&小田原 夏合宿に行ってきました!

まず、箱根園水族館では「水族館バックヤード見学及びピラルクへのエサやり体験」をしました。

飼育員の富江さんは、水族館の裏方についてとても丁寧に解説してくださいました。

バックヤード見学ツアーの締めはピラルクのエサやりです!ド迫力過ぎました・・・P1120943次は箱根湿生花園です。あいにくの雨の中、職員の方が一緒に園内をまわって下さり、私たちの知らない植物の世界を紹介してくださいました。雨に濡れた花はいつもよりも美しく見えました。P1120954最後は神奈川県立生命の星・地球博物館です。学芸員の広谷さんによる「特別講義・博物館のバックヤード見学」です。講義は「博物館の活動と学芸員の仕事」について、わかりやすく講義をしてくださいました。博物館にある標本の種類・作り方・保管・管理方法、後世に今の環境を伝えていくという標本が持つ重大性、そこでの学芸員の役割などを学びました。P1120966——————————————————————————————————–

2015年度 高校生新聞社賞受賞!

本年度全国704校、2396名が受賞し、そのうち本校の自然科学部3年上田君と樫村さんの2名が受賞いたしました。
高校生バイオコンテスト2014優勝、東工大バイオものつくりコンテスト2014優勝が受賞理由です。おめでとう!

————————————————————————————

平成28年3月にかながわ国際サイエンスフォーラムに参加しました!

「かながわ国際サイエンスフォーラム」とは、科学技術に関する生徒研究発表会です。

神奈川県内のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校が主体となり、県内外の高等学校も参加します。研究意欲、プレゼン能力及び国際性のより一層の向上を図るとともに、県内高等学校の科学技術教育を進展していくことが目的です。また、海外の高等学校の参加によって、参加生徒の科学英語力、国際性を高めています。

日時 平成28年3月21日(月) 13:00~17:00

場所 神奈川県立神奈川総合高等学校

本校ポスター発表:3つ (クリックするとポスターが見れます)
①試験管で植物を育ててみよう  → ポスターA.pdf
②Leaf is Seed  → ポスターB.pdf
③光合成色素の蛍光  → ポスターC.pdf

主な実績
平成28年度 高校生新聞社賞受賞
平成28年度 第27回神奈川県高等学校理科部研究発表大会 高文連会長賞受賞
平成27年度 高校生新聞社賞受賞
平成26年度 神奈川県高文連 連盟賞
東工大バイオものつくりコンテスト2014 優勝
高校生バイオコンテスト2014 優勝
平成25年度 神奈川県高文連 連盟賞
高校生バイオコンテスト2013 審査員特別奨励賞
東工大バイオものつくりコンテスト2010 会場賞&優秀高校生チーム賞
高校生バイオコンテスト2010 準優勝
最近の主な活動
高校生バイオコンテスト(東京工業大学との高大連携・小中学生対象の理科の教材作成を競う大会)への参加